久しぶりの相手にビジネスメールを送るときのメールの本文は、「お久しぶりです。」や「ご無沙汰しております。」などの挨拶から始める書き方をしましょう。それに続いて名乗ります。件名で自分の氏名を書いた場合も、本文ではもう一度名乗らなければなりません。

メールを送る場合、どんなことに気を付けるべきなのでしょうか? 当時、 ここではそんな恩師への失礼のないメールの書き方 メールの例文をご紹介 します。 ここでは 久しぶり編 を紹介していきます。
様々なシーンで使われる「メール」ですが、そんなメールにもマナーがあり、特にビジネスの場では、書き方に戸惑った経験もあるのではないでしょうか。この記事では、シーン別や久しぶりのメール、返信の書き方などご紹介します。メールを書くのに困ったは、読んでみて下さい。 「久しぶりにあの人にメールをするけど、どんな声のかけ方しよう?」と不安に思っている方、必見の内容になっています。メールは、相手の顔が見えない分、感情が伝わりにくいものです。マナーを身につけて、あなたもメールの達人の第一歩を踏み出してください。 自分が出張に行く際に近くの支店に知り合いや元上司などがいる場合は、このような挨拶メールを上司に入れてから挨拶しにいくといいでしょう。 取引先に送る場合. 久しぶりの相手にビジネスメールを送るときは、「お久しぶり」ではなく「ご無沙汰しております」と挨拶するようにしましょう。 ビジネスでは多くのメールをチェックすることが多いため、簡潔で的を得た内容のメールを送るように心がけることが大切です。

日常でやりとりするプライベートのメールと違って、独特のルールがあるビジネスメール。冒頭の挨拶文と文末の締めの言葉は、とくに注意が必要です。やり取りが頻繁にある取引先へのメールの挨拶文は「お世話になっております」が通例ですが、久しぶりにメールを送る