BIOSの設定画面はパソコンメーカーや機種によって異なりますが、基本内容や操作方法はほぼ同じです。メーカー指定のキーボード F2 F9 F12 など押して、ブート(Boot)画面を表示します。 1ブートモード(Boot Mode)を切り替える場合は、以下のように2 Enter キーを使ってどちらかを選択します。 Boot Priorityでストレージデバイスの起動優先順位の1番目をUEFI:DVDドライブ名に変更する。 ↓ 3. 昔、Java を読めないときに「いきなり Android のコード書いてやれ!」と思って、初期生成されたコードに大量にある @Override が分からなくて萎えてやめたことがあった。. そもそも『@Override』とは・・・簡単に言ってしまうとスペルミスでメソッドをオーバーライドミスしないための、自分への注意書きである。 「へ?ミスしたら Eclipse がおしえてくれるんじゃないの?」 → いいえ、おしえてくれません。 親クラス hoge.java それがようやく入門書を読んで、@Override の意味がわかったのでメモ。 生成されるのはこういうコード。 「Boot Override」とは直訳すると起動無視というような意味なので要は既定のブート順を無視して起動させるという意味合いなんでしょうね。 インストール(GPTパーティションにする) OSインストール時に、USBメモリから起動しようとしたら、ちょっと手間取ったので対処法をメモ。 USBメモリからブート(BOOT)するまで 環境 NEC製のノートPC Windows 10 64bit OSのインストール用USB (メディア作成ツールで作成) (作成方法はこちらの記事を参照) 問題発生~解決までの手順 ずばり@Overrideとは、「このメソッドはオーバーライドしているよ」という注釈なのだ。 下記のコードでは、Object クラスのtoStringメソッドをMyClsクラスでオーバーライドすることを意図している。(実際にはスペルミスによりオーバーライドできていない)。 まえがき. BIOSのbootの項目で、ドライブの起動順位の設定ができます。Boot Device Priority。 上に表示されているドライブから優先的に起動するようになっています。 Enterキーでデバイスの変更ができます。ドライブの型番などが表示されています。 (1) BIOSへアクセス -> [ Save & Exit ] タブへ移動 -> [ Boot Override ] 配下のUSBデバイスを選択 (2) [ Shift ] キーを押しながらシャットダウン後、[ ESC ] キーを押しながら PC を起動し、起動デバイスの選 … NECのパソコンを再セットアップディスクを使って再セットアップしたいのですがその過程でsetup utilityのExitのところにboot overrideという項目が表示されません。なぜですか?またbootの項目のbootmanagerにはディスクが読み込まれていますが起動できませんこれもなぜですか?ちなみにWindows8.1proです Fast Bootの機能を十分に発揮させるためには、Windows 8 以降を使う必要があります。Windows 7 マシンの場合でも、Fast Boot は 作動しますが、Windows 8 以降ほど早くはなりません。 (Windows8 以降を使うと、UEFI の専用領域を利用してさらに高速な起動ができる。 この場合は、「Boot Override」の下に表示されている再セットアップメディアを選択し、「Enter」キーを押して、手順7へ進みます。 ※ このときは「Windows Boot Manager」以外を選択します。 EXITメニューからSave & Exit、若しくは、Boot Overrideを選択して、UEFIでWindows 7 64bitのインストールを開始させる。 手順は、以上の通りです。 これだけ。 Boot Device Priority: 1st Boot: USB CD/DVD USB Floppy 【Hard Disk】 USB Hard Disk Network Disabled : 本機を起動するときに、OSを検索するデバイスの順番を設定します。 「1st Boot」から順番に、設定したデバイスからの起動を試みます。設定できるデバイスは次の 通りです。 1 Boot Overrideの設定項目で、DVDドライブは出てきますか? 出てこない場合はDVDドライブがきちんと接続できていないか、故障しています。 (マザーとドライブをつなぐケーブルはきちんと刺さっているか、電源がきちんと供給されているか 用語「オーバーライド (override)」の説明です。正確ではないけど何となく分かる、IT用語の意味を「ざっくりと」理解するためのIT用語辞典です。専門外の方でも理解しやすいように、初心者が分かりやすい表現を使うように心がけています。