次に、もう一度「貸借対照表」を見てみましょう。貸借対照表で示すのは、基本的に期末時点での「資産」「負債」「資本」の状況です。個人事業でいうと、期末は12月31日です。 貸借対照表(バランスシート) 貸借対照表. このページでは、貸借対照表と損益計算書について、会計基準をベースに説明します。 基本的には、個人事業主の確定申告でも同じです。一部、勘定科目の範囲や呼び方が異なる箇所は、随時補足します。 このページの目次 貸借対照表の書き方 貸借対照表は確定申告する会計期間の期首(1月1日)の勘定科目残高と期末(12月31日)の残高を書き出したものです。 損益計算書は売上・経費科目の金額を書き出したものですが、貸借対照表は資産・負債・資本科目の残高を記入していきます。 基本的に事業主の生活費は、行っている事業とは関係がないので、運転資金に含むことはできないと言えます。しかし、個人事業であると言う場合には、生活費か運転資金かの切り分けが難しいので、悩みどころでしょう。 貸借対照表の詳しい書き方を知りたいですか?本記事では、bs(貸借対照表)の概要説明から作成方法、なぜ貸借対照表が必要なのかというところまで解説しています。貸借対照表の書き方を詳しく知りたい … 2.「貸借対照表」のタブをクリックし、貸借対照表を表示します。 ここで特別な入力や処理は必要ありません。これまでの入力を元に貸借対照表は自動作成されています。 この貸借対照表で、現在の資産状況が把握できます。 事業主貸、事業主借は、個人事業特有の処理方法で、事業以外、つまり家計とのやりとりを記録したものに過ぎません。 たとえば、フリーランスで、個人用のICカード(Suica、ICOKAなど)、クレジットカード、現金で支払った、仕事の打ち合わせ代は、事業主借で処理します。 青色申告決算書を作成する決算書には、損益計算書と貸借対照表などが必要です。青色申告の決算書は、国税庁の確定申告書等作成コーナーで作成することができます。国税庁の確定申告書等作成コーナーは、必要な数値を入力するだけで、自動的に決算書や確定申告 貸借対照表をより深く見るためには、作り方も理解しておいた方が確実に良いので、ぜひ一度ソフトなどを使って試しに作ってみてください。 なお、企業だけでなく、個人事業主であっても確定申告時に貸借対照表は必要です。(青色申告の場合) まとめ