手術とか皮膚切開を加える前にイソジン消毒をすると思います。手術後にハイポアルコール を使って脱色をしていると思いますがこれの原理を知ったので共有します。 ハイポアルコール 、そもそもこれはカルキ抜きです。成分でいうとチオ硫酸ナトリウム5水和物です。

『ハイパー病院=忙しい=給料高い』と思われがちですが、一般的にはそんなに研修医としての給料は高くないイメージです。なぜなら、高くしなくても研修医が応募してくるからです。要は需要と供給で給料がマッチしています。 ハイポ病院とは

研修病院「ハイポ」かどうかは君次第 Vol.5|医療維新|激動の医療界の動きをm3.com編集部が独自の視点で取材・発信! ハイパーかハイポかは人によって完全に二極化. 初期研修は人数だけを変える条件とした場合は人数が10人弱ぐらいのほうがいいと考える人のほうが多いとのこと で、そのほかわかったことは以下(昨日のツイート) 関東の倍率高い病院を流し見してたけど ハイパーハイポ以外にも、どの病院で働くか考える材料は沢山ある。 自分のライフプランを考えた上で、働き先を決めれば良いだ … 研修医B “ほんまやな、この前、H先生もそう言ってはったわ” 横で聞いていた私も “ ある、ある ” と心の中で同意! 研修医Aの観察力、おそるべし (^_^;) ハイポとは? Hypovolemia(脱水や出血などで血管内の血液量が減少している状態)を意味します。 研修医への指導方針、給料以外の福利厚生、研究もできる所を探したいe tc. 研修医B “ほんまやな、この前、H先生もそう言ってはったわ” 横で聞いていた私も “ ある、ある ” と心の中で同意! 研修医Aの観察力、おそるべし (^_^;) ハイポとは? Hypovolemia(脱水や出血などで血管内の血液量が減少している状態)を意味します。 研修医の関門「上級医ラグ」とは Vol.4|医療維新|激動の医療界の動きをm3.com編集部が独自の視点で取材・発信! ー地方の市中病院で働く研修医1年目です。私が働く病院はいわゆるハイポ病院です。ルートや採血はほぼ看護師さんがやり、手技系も見学がメインです。cv, ルンバールもやったことありません。オーダーなどの病棟業務も上の先生がやってしまうことが多いです。 また、研修医への教育体制がハイパー病院に多い「屋根瓦方式」でなかったことも自分にとってはよかったです。屋根瓦方式とは、指導医と自分との間の役職、例えば2年目の研修医や後期研修医からまずは教えてもらうという方針です。 こんにちは研修医オータムです初期研修先をどんな病院にするかってすごく悩みますよね!特に病院の忙しさというのは悩むポイントの一つでもあります忙しくバリバリやってる病院は”ハイパー病院”と言われ一部ではブランド化もしていて、その一方でそうでない 今年も研修医採用が壊滅的だった。僕のnote読みなれて長い人は知っているかもしれない。去年も当院は二次募集していた。去年は確か3人、今年は4人も余っている。むしろ状況は悪化している。 (うーん・・・、いい病院なのになぁ) 確かに立地は悪い。 今回は僕の初期研修について。意識低い系の話です。 僕はハイパーな病院での研修ではなく、ややハイポな病院を選びました。 具体的には市中病院+大学病院といったよくある「たすきパターン」です。 大学病院も有名どころのブランド大学ではなく、地方の自大学。