馬の背洞門は、城ヶ島にある海蝕洞穴です。海蝕洞穴とは、波が岸壁を長い時間をかけて侵食して作り出した穴のこと。馬の背洞門の場合は、海に突き出た赤羽崎の突端に、ぽっかりと穴が開いています。その奇妙な風景は、一見の価値あり。周囲では磯遊びなども楽 城ヶ島一番の撮影スポットと言われるがこの「馬の背洞門」です。 岩に大きな空洞が空いており、岩の橋がかかっているようにも見えます。 これは海蝕洞(かいしょくどう)と呼ばれるもので、波が長い年月をかけて岩を削ってできたどうくつの事を指すようです。 安房崎灯台をあとにして、次は馬の背洞門にいきます。城ヶ島公園の駐車場に置いたまま歩いていけます。入り口には天然記念物のウミウのオブジェがあります。 ウミウ、ヒメウ、クロサギの生息地となっており、11月~翌4