ハイエース豆知識・車検・小ネタ【ハイエースのローダウン方法・手順②】湘南厚木店の大鐘です(=゚ω゚)ノ 昨日のローダウンの続きをアップしていきたいと思います!フロントバンプの取付からでしたね☆純正バンプストッパーを外 弊社デモカーにおいても第一段階では世間で言う一般的なパターンでダウンブロックを装着し、トーションナットの調整によるローダウンを行い、ダウン幅も50mm→75mm→90mm→100mmと段階的に変更してみました。 200系ハイエースのローダウンに関して、フロント側は純正のトーションバースプリングのボルトを緩めることで車高を下げることができます。 2インチ(約5cm)までのローダウンであれば純正のトーションバーで対応できます。 トーションバーとトーションバーボルトの交換 … 持込取付専門店カーサポートフラットフィールドです。 ・持ち込みサスペンション交換 ・四輪アライメント作業 ・持ち込みタイヤ交換 ・その他パーツ持ち込み取り付け 愛知県日進市にておこなっております。 トーションバー調整 ハイエースの4wdは車高が前上がりになっていますのでフロントのトーションバーを調整して前後バランスを整えます。 車高の高さが決まったら車高の変化には四輪アライメントですね。 四輪アライメント さてどれ … トーションバーには殆どテンションが掛かっておらず、フロントの乗り心地はフニャフニャになります。 ナットを緩めるとトーションバーのヒネリが無くなって車高が下がる訳です。 要するにトーションバーに繋がるアッパーアームに反力が無くなります。

目次アクスルブーツ保護のノウハウ ハイエースのサスペンション(バネ構造)4wd特有のブーツ理想のセッティング危険な自己作業強化剤不要、長持の秘訣必須水平場所で計測通常乗車人員で設定 通常工具 … 複数の選択肢があるハイエースのローダウンメニュー. ハイエースのローダウンはトーションバーを緩めることとローダウンブロックの挿入が基本的なメニュー。車高を落とすという目的だけならごく簡単なプロセスで達成できるサスペンション形状を持つハイエース。しかし、基本的には荷物を積載し過不足なく走行するための設計。 単純にブロックでリフトアップするだけでなく、例えば3インチブロックを装着し、トーションバーを緩めて1インチダウン、プラスマイナスで2インチ上げといった手法もある。乗り心地やバランスを考えたこういうセッティングもあるから奥が深くて楽い。 rear こちらをご覧頂き、有り難う御座います。こちらはハイエースのトーションバーに関する問題をなるべく解決していく事を目的とした窓口になります。ご落札はなさらない様にお願い致します。今までは、トルセン取り付けのご依頼をお受けした方にのみ、ご案内しておりましたがトー ハイエースのローダウン フロント編 . 上記の記事リンクで紹介したハイエースの基本的な足回りについての記事でも少し紹介しましたが、ハイエースのローダウン手法はフロント側はトーションバースプリングの調整ボルトを緩めることで車高を下げることができます。 他の整備手帳を見る ... ボディの中程にあるこの部分が、トーションバーの調整部品です。 ダブルナットになっている部分を緩めることで車高が下がります。 が、そのまま下げると乗り心地が超ソフトになっていますので、一工夫。 一度、ダブルナットを その他 その他のハイエースのローダウン フロント編に関するgodspeedの整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」へ! キャブオーバー型式のボディ構造を採用するハイエースにとって、そのウィークポイントを解消する秘策はトーションバーのレート選択とセッティング方法にありました。重量級ボディを意のままに操る感覚は、あなたの想像を遥かに超えるものとなるでしょう。 トーションバーには殆どテンションが掛かっておらず、フロントの乗り心地はフニャフニャになります。 ナットを緩めるとトーションバーのヒネリが無くなって車高が下がる訳です。 要するにトーションバーに繋がるアッパーアームに反力が無くなります。 200ハイエース足回り講座.